このブログのサイトマップへ

2003年05月03日

KAJa!2003出演者募集から決定まで(選考会"講評")

KAJa!2003出演者募集から決定まで(選考会"講評")

今年6回目を迎えるKAJa!は「『ドキドキする声の一体感』〜そうだ、KAJa!へ行こう〜」をコンセプトに掲げ、人と人とがアカペラで触れ合えるドキドキ感あふれるイベントを目指しています。
そこで、アカペラを愛し、歌う側として私達と一緒にドキドキを伝えてくださる出演バンドを募集いたしました。1月下旬の募集告知、そして約一ヶ月の短い募集期間だったにも関わらず、多くのグループからの応募があり感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございましたm(__)m。
3月8日〜9日の2日間を通して選考会を行い、出演者およびプログラムを決定いたしました。選考委員、アドバイザー、講評については以下の通りです。

【募集期間】
2003.2.1〜2.25.
(2003.1.24.告知)

【選考委員会】
藤本貴博
大西 豊
国代 哲
内藤恭子
上平健太
高橋理恵
中川佳奈
藤林 歩

【アドバイザー】
貞國公洋

【講評】
第6回関西アカペラジャンボリー(KAJa!)の実行委員長をつとめております藤本です。先日、KAJa!2003〜ドキドキする声の一体感〜出演バンドが決定しました!今回の応募バンドはは77バンドもあり、とても沢山の素晴らしいバンドに応募頂きました。今年の応募バンドの特徴としては「学生が多い」でした。昨年は社会人バンドの応募が多く、世代を越えたKAJa!でした。今回はゴールデンウィーク真っ只中ということもあってか学生バンドの応募がとても目立ちました。それだけに「若さあふれるKAJa!」になるのではないかと予想されます。
さて、選考に関してですが今回は新しい選考方法を取り入れました。なんと元トライトーン、現在もアカペラ界多方面で活躍されてます貞國公洋さんを選考アドバイザーとして迎え、より音楽性の高い選考をを心がけました。今回の応募バンドのレベルは非常に高く、選考作業は予想を遥かに越えて難航しました。その中で様々なしっかりとしたバンドカラーを引き出せているバンドがKAJa!2003の出演決定となりました。楽しさをうりにしているバンド、しっとりとした聴かせるバンド、場を盛り上げてくれるバンドなどどれも魅力的なバンドばかりです。こういった普段なかなか聴けない、KAJa!でしか聴けないさまざまな個性を持った「アカペラ」を是非お越しになって堪能してください。
最後に私たちKAJa!委員一同最高にドキドキするKAJa!を創りあげるために、5月3日に向かって精一杯がんばっていきます!なにとぞ応援のほどよろしくお願いします。


【貞國公洋さん プロフィール】

kaja2003選考アドバイザー

早稲田大学SCS出身、トライトーンの創設メンバー。同時代の後輩にゴスペラーズやスムース・エースがいる。初期トライトーンのリーダーとして「12の星物語」「A CAPPELLA 1」「A CAPPELLA 2」などにアカペラ・スタンダード的な作品を残す。
最近の作品に「クリスマス・パーティー/RAGFAIR,INSPi,チン☆パラ」(編曲)、「No Style/North」(サウンド・プロデュース/編曲)などがある他、「Period/郷ひろみ」「半空/谷村新司」「君の歌/松本英子」といったアルバムにコーラスで参加、自己のプロジェクトとして「Kimi's Connection」を主宰している。
 作・編曲家、スタジオ・ヴォーカリスト。ハーモウェル和声研究所講師、学校法人尚美学園講師。バークリー音楽大学卒。
posted by KAJa! at 18:55| KAJa!2003 #6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。